階段は計画によって最適な構造や種類を選択して作り上げます。初期提案からご希望を伺えば、階段から組み立てる空間構成も可能です。

吹き抜けとしての機能も持つ階段は効果的に配置することで、ただ上階への移動手段としてだけではなく間接照明や吹き抜け、換気にも利用できます。​

照明階段


宝塚の住宅では、2階LDKに設置された吹き抜け階段に間接照明としての機能を併用しています。

上階配置のLDKでは、上階へと熱がたまる為仕切りがなくとも寒さ等の不快感もありません。

展望台としての住宅として設計されたこの住宅では、過剰な装飾を行わず研ぎ澄まされた要素で空間を構築しています。

鉄骨階段

夕焼けの住宅では、LDKに鉄骨階段を配置しています。鉄骨階段は高価ではありますが、鋼材使用による強い材質を利用した構成が可能です。

​踊り場部分を回り階段とすると、どうしても重くなりがちな階段の印象も鉄骨によるシンプルなつくりで軽く見せることに成功しています。

組み合わせ階段


猫の家では階段も含めた全面改修を行っています。

鉄骨と木造によるハイブリット階段とすることで鉄骨部分は軽く、木造階段には他の用途を組み込ませています。

​木造部分には猫用のトイレスペースと人間のトイレスペースが収められており、換気経路を共有させています。

©seiji iwama architects / Call 047-427-5402 /info@sia08.com

Funabashi-shi.JP