オープン


夕焼けの住宅では、将来子供部屋に使えるように計画された主寝室をガラスによるオープンな間仕切りで仕切っています。

現在ご夫婦でお住まいのこの住宅は、お子様ができる前の住宅の利用を楽しめる構成としています。

子供部屋とする際にはガラス部分に乳白フィルムやブラインド等の目隠しを設置して利用する計画としています。

ホテルライク


中庭の住宅では、主寝室を2つの中庭がはさみ込むように計画され、東に面した中庭からは朝陽をたっぷりと注がれます。

全面タイル張りの床を採用しており、ホテルのような空間を構成しています。壁はリビングから寝室空間への境目部分で色をグレーに変えて落ち着きを持たせています。布団張りのクッションを背もたれに設置し、就寝前のひと時をゆったりとすごせるようにしました。

シンプル


月見台の住宅では、居室をLDKの奥へと配置しています。構成はシンプルに作り上げることで、お子様の成長に合わせて部屋を使いやすくしています。

​収納と机を居室間に配置することで、居室間の音の遮音も計画しています。

居室もお好みをお伺いして最適なご提案を行なっておりますが、ご希望の前に基本としての遮音性能や換気性能を間取りの工夫で備付けるようにいたしております。また、細部のご提案も行って空間を完成させます。

基本設計の段階から太陽の入射時間をおしらせして室配置も検討致します。

©seiji iwama architects / Call 047-427-5402 /info@sia08.com

Funabashi-shi.JP