リビングは家族間のコミュニケーションスペースです。居室とのつながりや外部とのつながりの中心に計画され、家の印象を強く決めます。様々な要素をすっきりと見せることで、面積以上の空間がひりがります。

LDK+ルーフバルコニー


月見台の住宅は、高台に計画された専用住宅です。眺望を眺められるLDKをとのご要望から計画は始まりました。

南面に広がる大阪平野を望む敷地で、北側へと傾斜のついた土地です。その為北側は隣地からの視線を遮る為に窓を設けず、南面に大開口を配置したメリハリのある開口構成としています。

​左となりとなる東面には袖壁を少し設け、隣からは覗けないつくりとなっています。右側となる西面にも外壁の延長の袖壁を設け、バルコニーを利用しやすくしています。

LDK+吹き抜け


夕焼けの住宅ではLDK中央に吹き抜けを配置し、立体的に丈夫2階へとつながる構成が実現されています。

LDK床は土間床とし、全面床暖房を埋設しています。この建物では床下空間というものは存在せず、基礎面が床となっています。メンテナンスの必要な1F木床組みもそもそも無い為、永く快適に利用できます。

​基礎の立ち上がりコンクリート部分は外断熱とし、コンクリートからの冷気や熱気も最小限に抑えられる計画となっています。

©seiji iwama architects / Call 047-427-5402 /info@sia08.com

Funabashi-shi.JP